FC2ブログ
アマゾンマーケットプレイスで感じたこと、思ったこと、実践していることを隠さず暴露!ポイントプログラム・ウェブアンケートなどなど!!
ネットショップって前前から作りたいと思っていましたが、なんとなく形になってきました。アイデアはあるのですが、いろいろなツール(買い物カゴや認証システム)などや、特にデザインを考えるとしり込みしてしまいます。

でもネットショップしている人に言わせると、デザインよりももっと凄く必要なことがあるとのこと。一歩を踏み出せない人には、がまず頭に浮かんじゃうんですよね。

でもこれからは、大丈夫。いいもの見つけました。Color Me Shop! proと言うサービスなのですが、ここあの、ナウなヤングに大人気のレンタルサーバー屋さんが、運営主体です。そうご存知。ロリポップ!です。

私、本業が、サーバーの構築や管理をしていますので、判るのですが、ここのサービスメチャ安いです。通常ショッピングカートを導入するには、SSLというデータ暗号化の手法を使うのですが、これが高いのです。(普通安くても年間15000円以上かかります)しかし、この、Color Me Shop! proと言うサービスを利用すると、年間契約で875円/月です。サーバースペース込み各種ツール標準装備です。これ本当にお得です。

【特徴】
・Netショップの機能が標準装備<売上管理・デザイン管理・・・>
・クレジット決済OK
・メルマガ配信可能
・デザイン編集が自由自在<blog感覚>
・独自ドメイン可 
・今なら30日無料 などなど


デザインや売上管理に悩んでいるあなたにぴったりの機能です。
私も、これで開業準備に取り掛かれます。やっぱり
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト



おそらくいろいろな方が、言っていると思われますが、私からも一言申し上げたいのです。実は、ヤフオク出品者から見たAmazon(マーケットプレイス)って、恐らく邪道だと思われている。

さらに輪をかけて、ヤフオク上でAmazonのアフィリエイトで出品している輩がいるので尚更だ。彼らは、なぜそうまでして出品するのか?落札者を冒涜していることこの上ない。それはそうだ、低額で出品して競わせもしくは煽り、値段を高騰させて、尚且つ最低落札額を設定している。結局定価以上でないと落札できない仕組み?

出品ページのリンクがもろアフィリエイト最低落札額設定。謳い文句に新品・未開封。一生懸命落札しようと頑張っている人が、気の毒でならない。安いから入札、入る入る・・・

これって、ヤフオク禁止とした、空出品に限りなく近いのですが?こんあことしている人結構います、取り締まらないのか、取り締まれないのか?まぁどっちかでしょう?

このケース詐欺ではないが、詐欺に近いですよ。胴元がこんな調子だから詐欺まがいの輩が蔓延るんですよね。実は楽天にもいました同類項が・・・
⇒ 続きを読む
このBlogでも再三お伝えしていますが、ask.jpが、またキャンペーンをやっております。今回は、ネットマイルとのコラボです。

要は、検索して、検索ワードがあたりなら、ネットマイルのマイルがもらえると言うものです。でも1日10マイルしか貰えません。私は、ネットマイル会員なので先ほど早速やりましたが、簡単でした。

ask.jpのTOPページの”スマートアンサーを今すぐ体験”をクリックするとかなりの確率で当たりです。検索結果の右端に、NetマイルGetボタンがでたら、当たりです。そこをクリックし、メールアドレスを入力するとOKです。

このキャンペーンは、ネットマイル会員でないとNGです。とっとと登録しちゃってください。

このネットマイルってさほど換金率は良くないと思いますが、それでもキャンペーンが豊富であると言うことにつけて、何かとマイルが溜まる機会が、多いです。

なので、結構苦になりません。それに最近、こんなのもはじめました。
⇒ 続きを読む
楽天フリマに挑戦し、1週間とちょっとでしょうか。日曜日終了のオークションで、記念すべき第一号がめでたく落札と相成りました。結構ビットが入ること、十数件ひとまず良かったです。100円本の出品ですからさほど利益にはなりませんが、それでもヤフオクの相場よりも、Amazonマーケットプレイスの相場よりも今回の落札価格のほうが高かったので、やったかいがありました。

さて落札後、権利者様と連絡をとるのですが、楽天フリマには、独自のメール連絡システムがあり、定型文や雛型を用意することで、容易に落札者様と連絡をつけることが可能で、連絡から入金に始まって評価終了までの販売管理が可能なシステムです。ちょっとビッターズに似ていますね。この機能まぁ結構便利かもしれません。<ヤフオクにはありません>

ついでにいうと、楽天フリマは、販売管理システムに付属するツールが豊富ですね。Mypage機能のカスタマイズや独自にメルマガみたいなものを作って、配信登録者に出してみたり、いろいろな機能があるみたいです。(実際まだ良くわかりません)

管理ツールの充実ぶり以外には、特に特筆すべきことはありませんが、MyPage機能は、使ったほうが断然いいですね。それでなくてもビューが少ないですから、何かと目立たせる工夫は必要かと・・・

ついでに、
⇒ 続きを読む
Webアンケートは、数えたことないですが、結構登録しています。大小合わせると、週に10件程度の依頼メールがきて、日々チャレンジしていますが、最近のは、特にポイントも低額だったり、なかなか依頼がないので、ポイントがたまらなかったり、抽選での当選とか、確率が悪くなってきています

でも中には、高額ポイントで半期に一度商品券や図書券と交換できるサイトもあります。このサイト、結構稼がせていただいています。このサイト常時募集はしていないみたいなので、募集時には、お知らせします。<メチャ、お奨めです>

更に輪をかけて、お奨めなのが郵送アンケートです。アンケートが商品券同封で郵送されてきて、回答し郵送するタイプ。これはもう即金ですから、なかなかよろしいいです。

でも、アンケートも定期的に大量にくればいいですが、なかなかそうもいきません。あくまで付加的なものですね。でも、今月は、
⇒ 続きを読む
アマゾンマーケットプレイスでの価格の再設定は、クリック数回で出来てしまうので、価格をいじる人が大勢いると思います、かく言う私もその例外ではありませんが、でもちょっと価格変更に変化をつけることもします。

アマゾンマーケットプレイスで、本を売っていると、深夜に購入される方が結構多いのです。ということは、普段は価格を2~3番手に落としていて、寝しなに1番札にしておくと、BigChanceが転がってくるかもしれません。

また、やはり金曜の深夜から土日にかけて購入される方も結構います。ということは、weekdayは、2~3番手で控え、週末に価格変更。結構この手使えます。なんだかんだ言って、みんな土日は、価格管理結構やってなかったりすしますよね。

とくに、本業の古本屋さんは土日は、実店舗での営業が忙しい?プロマーチャントとはヤッパリ土日は、お休みなのでしょうか?このハイエナ作戦結構使えますよ、多分。でもはまったことはあまりないですけど。

無益な価格競争をしないように、穏やかに戦争を仕掛けること結構重要です。お互いに利益削っては意味ないですから・・・

きれいで価値がある本は、高くかってもらわなくっちゃね。

実は私、Amazonで本買ったこと1回しかないんです。でも
⇒ 続きを読む
ウィークディは、ほぼ毎日行っているブックオフ、こうも毎日のように同じブックオフに行っていると結構いろんなことがわかって来ます。せっかくなのでその話をしたいと思います。


毎日まるで日課のようにブックオフ詣でをしているわけですが、滞在時間は、正味30分程度なので、結構忙しい。当然ながら、ヤフオク向けの100円文庫コーナーを徘徊し、目新しいのがない場合、Amazonマーケットプレイス用のハードカバーコーナーへ移動し、それでもない場合、専門外のビジネス書100円コーナーへ行くという感じです。(特定のお宝本を探しに・・・でも、なかなかないです)

ここまでくると、何冊かは買うことになりますが、1回の購入額は、1000円でお釣が必ずくる感じですね。あまり大量買いはしませんし、カゴなんて持ってのほかです。というよりも本は、重いので少量買いしか出来ません。

で、たまにお目当ての本が、100円コーナーにあったと思って、中身を確認・臭いを確認、おおおおーーーーと、裏表紙を見た瞬間、凍りつく思いをしたことありませんか?そう100円じゃないのです。高価本なのです。結構これ頭に来ます。頭に来ますので、レジまで持っていって、わざとキャンセルします。

で、翌日や数日後に、またまたブックオフに行くと、その高額本が、またまた同じ100円コーナーに・・・恐る恐る裏をみると^^

100円になっているではありませんか。ラッキー・・・そうこの戦法結構いけちゃいます。物にもよるのでしょうが、過去何回か、こういう経験をしました。

ついでに
⇒ 続きを読む
楽天フリマ出品を5点ほど、先週行ないましたが、案の城満(じょうみちる)アクセスが乏しいです。入札されているのが1件あるので、しょっぱなからヘコムことは避けられましたが、この先どうなるか気になるところです。

でも同時にAmazonマーケットプレイスにも出品している方法を採っているため、あまりあせりはないのですが、それでもAmazonでは、価格競争が激しいため、同じ売るならすこしでも利益を出そうと楽天フリマに出品しているのです。価格が過当競争になっているものを中心に、楽天フリマで落札されそうなものをチョイスしています。

でもいろいろ見ていると、Amazonでは過当競争なものでも、楽天フリマにはないもの結構あります。またヤフオクで価格が下がっているものやあまり取引実績がないものも楽天フリマには出品されていません。

ここが狙いなのですが?何とかうまくいくように頑張ります。しかしアクセスが少ないですね。楽天フリマは、カテゴリ分けが少ないのでしょうか?それとも、もともとアクセスがこんなものなのでしょうか?よくわかりませんが、買う人は、検索からくるのでしょうね、きっと。

次回からは、検索対策も、htmlの中に忍ばせることとしましょう。

実は、今こんなことも考えています。
⇒ 続きを読む
私は、せどりのプロではないので、このような話題に触れるのはちょっとと思うのですが、せっかくなので書いて見たい。

基本的にせどりは、Netで稼ぐための入り口にはもってこいの行為ですね。古本屋から本買ってきて、横流しするわけですから。でもそこには、それぞれのノウハウが存在します。

例えば、

1.売れる本は何かリサーチする。(商品選定)
2.どこに買いに行けば売ってるか。(仕入先選定)
3.何を使って売るか。(販売方法・手段)

だいたい、何年もやってれば、このようなことは意識せずにできるのでしょうが、手っ取り早くやりたいというなら、せどりノウハウがいいのでは、ないでしょうか。この方せどり界の第一人者です。Netで300万円/月稼いでいます。このリンク先、めっちゃいい情報です。くまなく見てノウハウ吸収しちゃいましょう。

私は、このようなノウハウは買っていませんが、このノウハウを買うといろいろサポートが付くみたいなので、売れ筋本とかプレミア本情報がもらえちゃうみたいです。月10万の世界へダイレクトって感じでしょうね。

でも私も、それなりにノウハウ蓄積してきましたし、リストも結構なもの出来てますし、せどりノウハウと比べても劣らないと思うのですが???ただ、あくまでも副業なので、仕入れの時間が極端に少ないのは否めません。<自己弁護>

最近、特に気をつけているのが、新刊の売れ行きのチェックです。極まれに、ブックオフでも新刊(出版日から1年以内本)が100円で売ってたりしますから、そこを狙うためには、本屋さんのチェックも怠らないようにします。

最近の注目は、ひとつは「萌え」系です。
⇒ 続きを読む
このBlogを立ち上げてから本格的というかアフィリエイトをやり始めたのですが、アフィリエイトに対する私の考えをちょっと・・・。

こんな内容のBlogですから、この場所でのアフィリエイトは、あくまでもテストと言う位置付けと、アフィリエイト実況中継1でも書いたのですが、もう少し詳しく書くと、今の段階では、アフィリエイトは、ポイントプログラムの一種と考えています。

ポイントプログラムは、クリックして1円とか、メール受信で1円とかそういう単位なので、ずばりアフィリエイトのプログラム探しも、クリック課金が付いているのを選びます。私は、以下の三つのASPにとりあえず参加していますが。稼ぎは、知れてます。でも考え方次第では、結構いっているとも言えなくもないです。

A8.net

バリューコマース

電脳卸

上の3つのASPは、楽にBlogでも登録できちゃいます。私はまずA8からはじめました。A8はプログラム数は少ないのですが、はじめてアフィリエイトをやるには、適当なプログラム数ですし、管理画面も難しく有りません。

バリューコマースは、日本最大のASPらしいです。たくさんのプログラムがあります。本格的にやるならこの2つは、外せません。最後の電脳卸は、すべてが成果型の報酬体系ですが、他とは違ったプログラムが多数あり、流行前の商品や穴狙いの商品をいち早く世間に紹介するという意気込みの方には、いいASPです。

実際、ポイントプログラムは、せいぜい1日数円しか稼げません。それの積み重ねで、塵も積もれば方式です。そう考えると、現在のアフィリエイトは、一日にクリック保証だけで10円くらい行く時もありますから、数倍にはなりますね。あと+αは今のところ考えないようにします。

私みたいな、アフィリエイトの初心者は、こう考えることで、少しは気持ちも楽になります。Blogの訪問者UPが徐々に増えれば、そしてコンテンツも充実させれば、それなりの結果はついてくるのではないかと、一応楽観しています。(別な手も考えてはいますが・・・)

アフィリエイトではないですが、
⇒ 続きを読む
先日のblogで楽天フリマへの挑戦を宣言して、はや幾日ですが、頑張って3冊、出品しました。もちろん評価ゼロです。

基本的に、出品の仕方は、ヤフオクと変わりません。まず写真をUPし、タイトル入力サブタイトル入力<ここが特徴>、本文、本の状態の書き込み、オークションの開始時間や終了時間の選定、回数(最大99回)オークション後の扱い、そのまま終了or固定価格での販売への移行。<ここも特徴>

ヤフオクと違うところは、まずタイトルの長さが、極めて長いのが許されること(確か128文字)。ヤフオクは、30数文字ですから、長くても怒られることがなくて、快適です。<いろいろなことが出来ますねこのタイトルの長さで・・・>

また、楽天フリマは、本文にHTML文書を埋め込むと、ちゃんと添削してくれ、エラーだと、訂正個所を教えてくれます。ヤフオクのより頭いいです。三木谷さんすばらしい^^。

あと、いちいち取引詳細を都度書く必要がありません。

ついでに、Myブース設定が出来て、自分の店を持つことができます。私はあまり必要性は感じませんが、買う側にとれば、必要なのかなーーとも思います。

肝心な出品した本は、
⇒ 続きを読む
最近、Amazonマーケットプレイスも心なしか、競争が激しくなったような気がします。アマゾンマーケットは、一回価格を設定した後でも、簡単に価格改定ができます。なので、1円に向かって過当競争が激しくなるケースも多々あります。

私の場合、1円市場(勝手に命名)へは足を踏み入れたことがないので、第三者的立場から言わせてもらうと、「アフォーーらしい」の一言です。ついでに、人が価格改定してすかさず1円下げるアフォーーー、別にいいじゃん同じ値段だって・・・・。

巷には、有料ソフトで、価格チェッカーなるものが蔓延り、それに輪をかけて、携帯チェッカーなるものが幅を利かせ、たちまち優良な市場が価格競争の波に、晒される。

またその煽りで、波風が立たなかった健全な市場まで、巻き込まれて、撃沈・・・どぼ、どぼ、どぼ・・・・海底の10円市場へ。

でも、まぁ本もいろいろなジャンルがあるので、まだまだ生き残るだけの余力はあるかもしれません。あきらめずにほどほどにやることにしましょう。

今月に入って、新ジャンルを開拓しましたが、今一売れませんね。ついでに、これまた実験君で、Amazonユーズドランキングの本が、本当に売れるのか、調査したいと思います。本日ブックオフでGETしてきました。

この結果も、売れたら発表したいと思います。
⇒ 続きを読む
前回での予告どおり、楽天フリマへ出品、初体験してみました。基本的には、ヤフオクやビッターズと変わりませんが、楽天フリマでは、なななななんと、出品回数が、最大99回まで延長できるのです。ちなみにヤフオクは+3回。ビッターズはなしです。

で、やっとからくりがわかりました。やたらと出品件数が多いんです。99回選択すれば、売れなければ、雪達磨式に、出品数が溜まるんです。そういうカラクリでした。はい。

30日無料もうなずけますね。もちろんやり方にもよるのでしょうが、30日無料と言いつつ、30日の間に落札されるのって微々たるもの???なのでしょうか?

せっかくなので、今後も何点か出品して様子を見ることにします。せっかくブックオフで100円で仕入れた本が、二束三文でお帰りになるのみたくないですから、せっせと楽天フリマビッターズに格安で出品して何とか利益が出せるようにしたいですね。

当然これらの本は、ヤフオク・アマゾンで売る>>>>>>>次に、楽天・ビッターズで売ると言う流れになります。

ヤフオクは、出品料10.5円徴収されるので、せいぜい2回(21円)で終りにして、楽天もしくはビッターズへ流します。(ビッターズも楽天も落札手数料は取られますが、出品は無料ですから)


1.本のジャンル及び形態(単行本or文庫)でヤフオクかアマゾンかを決める。

2.ジャンルで楽天orビッターズを決める。(楽天ユーザは、女性多し

と言う感じです。

ついでですが、
⇒ 続きを読む
ヤフオクとビッダーズは、IDも持っているので、落札も出品もお手のものですが、ちょっと気になるのが、楽天フリマでしょうか?

そういえば、使っていませんでしたが、ID持ってました。では銀行の口座番号登録だけでいいのかな?

と、その前に、楽天出品は、今30日無料です。ただし、オークションのみらしいです。<落札手数料5%>が無料、一撃(即決)はNGから???まぁ細かいところは気にしないでGO・・・・

以下は、勝手に判断した、楽天フリマの感想↓ ↓

楽天のサイトの売れ筋やユーザ評価欄を見ると、利用者は圧倒的に女性が多い。特に20代後半からの子持ち世代の女性だ。ということは、フリマも当然、ベビーや女性のもが賑わっていそうだということが判る。

ヤフオクほどカテゴリの細分化がされていないので、出品している商品を目立たせることは、容易ではない。

一撃(即決)がやたらと多い。入札件数が少ない。プロが多い。写真を掲載している出品者はあまりいない。

結論
⇒ 続きを読む
このblogの初めの記事でもお知らせしましたが。このキャンペーンの第二弾が、始まっております。

http://static.ask.jp/camp/s/scamp.html

私、前回1万円GETに続き、今回も3千円、ゲットしました。まだ商品券がきていませんが、まもなく届くことでしょう。今回は、当選金額が少なくなりましたが、その分ダブルチャンスの幅が広がりました。1週間で20名に10万円のチャンスです。3/21までです。毎日申し込むことをお奨めします。

絶対10万円GETします。でも花粉症つらいです。半端ではありません。私こんな高価なマスクで完全防備で会社へ行っています。
⇒ 続きを読む
実は、私こんな本読んでいます。ハイパワー・マーケティングって言って、今Amazonで8番目に売れている本なのです。お題は硬いのですが、ようは、どういった手段で、顧客を満足させ、自分も満足するかと言うお話です。ネットビジネスにぴったりのお話なのです。

たまたま本屋で立ち読みしていて、単なるノウハウ本ではなく、どんな分野にも応用が利きそうな話が載っていたので、購入して通勤途中に読んでいます。さすがに売れているだけあって、内容もいいですね。(知ってました?この本の旧版ヤフオクやAmazonで高値で取引されているの?「お金をかけずにお金を稼ぐ方法」です。あまりブックオフでは遭遇しませんね)

でも、こんなのただ読むんじゃもったいないと思います。そこで、ひらめいたことを実践することに決めました。別に本の内容をそのまま実践するとかじゃなくて、たまたま読んでいたらひらめいたってことです。まぁたいしたことではないのですが、徐々に進捗を、このblogでレポートすることにします。

最近は、本以外にもいろんな媒体でいろんなネタを吸収しています。ひとつがメルマガです。もうひとつが、そのメルマガを発行するインフォプレナーが、公開するWebサイトです。

メルマガは無料で、かつ、いろいろな人が書いているので、それを比べながら、おいしいところだけ吸収します。進化のスピードは遅いですが、無料を馬鹿にすることなかれ、遥かに知らない人よりは先を行きます。是非自分に会うメルマガを探すべきですね。まぐまぐがBestでしょう。

私の場合、ここまでで十分というか、これ以上進化を早めるといろいろなところで亀裂が生じるので、この先には行きませんが、手っ取り早く進化を遂げよう思う人もいるはず、そういう人は・・・
⇒ 続きを読む
前回、仕入れ編で書いたこと以外で、結構重要と言うか見逃してしまう点があるので、それを書きますね。特に100円本狙いの人にはこういうケースって良くあると思います。

商品となる本は、ブックオフをはじめ、古本屋で仕入れをするわけですが、商品を高く買ってもらう為には、本の具合がとても重要になります。古本屋の在庫管理状況(劣悪な環境に野積みされていたり、本の中身が折れ曲がった状態で長期に放置されたりすることって結構あったりします)も左右されます。

また、本そのものの状態が、見た目以上に悪かったりすることってなかなか気づかなかったりします。<つまりそこへ持ちこんだ張本人が本をどういった環境下で使用・保管・管理していたかということです。>

最悪の場合、タバコのにおいが染み付いた本を買わされる羽目になったり、チェックしたにもかかわらず、ヘンなところに落書きがあったりすることも、実際にありました。

チェックしなかったお前が悪いということにはなりますが、常日頃からこういうケースを頭に入れて仕入れをしなければいけません。
そこで、どういうふうにするか?
⇒ 続きを読む
世間は、アフィリエイト花盛りですね。新聞系のサイト・ポータルサイトまでこぞって、Google AdSenseですね。

このBlogでもAdSenseを使っていますので、まぁ人のことは言えませんが、私はとりあえず、blog上で行なうアフィリエイトは、単なる実験と言う位置付けです。

なぜかと言いますと、blogは基本的に文章の練習の場です。そこでただ文章を書くのもつまらないので、リンクには、アフィリエイトを仕込みます。その文章を読んで、思わずクリックしたくなるような、文章を書くようにする修行を日々行なっています。

アフィリエイトをすれば、ASP(アフィリエイトを提供するアプリケーションプロバイダー:A8net・電脳卸・バリューコマース等々)のサイトでどれだけクリックされたかが、わかる仕組みなので、どの記事が読まれてクリックされたかは、一目瞭然。

このBlogは、開設間もないですし、すぐに結果も出ないので、半年スパンで、結果が出るか(クリックや売上)検証しています。半年後に恥じかかないように頑張ります。

文章からのリンクですから、もちろんすべてテキストを使用します。

文章が下手な私みたいな場合、
⇒ 続きを読む
本の仕入先は、ブックオフが定番ですが、たまに電脳せどり(ネット上で本を買う:オークション)をすることがあります。実際楽でいいです。楽しいです。簡単落札です。はいビッダーズです。

ここ、さすがに、参加者少ないです。ヤフオクには、かないません。だからいいんです。だから安く手に入るんです。ヤフオクはほぼ、売り専門ですが、ビッダーズは、ほぼ買い専門です。

ちょっとした、お宝本がたやすく手に入ります。ついでに、時たま横浜市が、公開オークションをしています。これもなかなかよろしいです。

今回は、おもちゃとロッド(釣竿)や金貨にブランドバッグ出品しています。ビッターズIDは、ヤフオクと違い無料なので、こんなの試してみるといいかもしれませんね。でも結構高騰していますよ・・・

何を隠そう私は、横浜市民なので、落札したら入金や引き取りが結構地の利があるので楽です。まだまだ入札しませんよ・・・・最後の最後に行きたいと思いますが・・・転売目的なので損益分岐点は、当然考慮に入れます。

でも横浜市オークションの影でせっせと電脳せどりは活動します。
ついでに
⇒ 続きを読む
前回も書いたように、私は、ヤフオクはヤフオクのジャンル、Amazonはアマゾンのジャンルの確立も目指して日々奮闘していますが、やはりプロマーチャント(特にNet古本屋)と呼ばれる方々、との差別化を考えないと、価格競争の波に飲まれて、埋没し数十円の利益創出のためだけに、日々仕入れする羽目になる。

このNet古本屋は、評価も膨大で、アマゾンを利用し、低価格で本を売り、運送費の利ざやで、利益を出すケースが、大半だ。もちろん中には、高額本もあるから、すべてが1円出品しているわけではない。

でも大半というかビジネス書は、特に1円本の宝庫だ。からくりは以下のとおり。アマゾンは、購入者から340円の送料を徴収する。そしてアマゾンが、80円を引いた額の260円が、出品者に支払われる。
 280-実際の送料=出品者の利益 (ここで如何に安く送料を上げるかがpoint)
 だから冊子小包ではなく、ヤマトや佐川のメール便で安く浮かせる。

では、ここで考えよう。送料は、従量制。であるから、重いものは敬遠されないか?多少はあるだろうと思う。

マーケットプレイスの出品状況をみると、やはり文芸・ビジネス・経済が多い。それもハードカバーのものだ。では、他の分野は?文庫・新書タイプ本は?実際出品していると、文庫は特定のものを除いて、売れにくいと思う。但し絶版ものは、売れそうだ。新書タイプ本はどうだろう。結構趣味系の新書も売れそうだ。ハードも特定の分野も狙い目だ。中国とか福祉とかジャンルいろいろありますよね(あくまでカン)

総合すると・・・
⇒ 続きを読む
一応、私これでもヤフオクがメインなのです。はい

Amazonネタをいろいろ書きますが、あくまでもせどりは、文庫がメインです。たまにハードカバーと自分の本棚の在庫減らしでAmazonを利用します。そこには理由が、当然あります。

1)セドラーがたくさんいてハードカバーはうまく仕入れることが出来ない。
2)本業は、サラリーマンなので、仕入れする時間が限られる。特定の分野しか網羅できない。
3)文明の利器は、使わない。携帯でしゃかしゃか検索するアレ。


こんな感じです。でもこれは、BOOKOFFだけです。ブックオフ以外は、まだまだ穴場があります、きっと。みなさんそこを狙いましょう。

やはり生業にしている人にはかないませんし、そのようになるつもりもないので、ブックオフでは、大人しく注目されない分野+αを狙います。

じゃ、
⇒ 続きを読む
ヤフオクをやっていると、当然、入金口座はある程度増やさないと、入札されるものも、入札されにくかったり、ためらわれる原因になるように感じます。

そこで、私の場合は、

Yahooペイメント
E-BANK
ジャパンネット銀行
UFJ
ぱるる

を使い分けています。当然といえば当然でしょうが!すべてNet対応ですが、銀行によって当然ID・Passが違うので、ログインするだけでも結構大変です。傾向をみると、どこの金融機関も満遍なく振り込まれてきます

さらにポイントサイトにも多数登録しているので、そちらの管理や毎日ポイント獲得のためのクリックも大変です。

そこで、ポイント管理口座管理が一緒にできるツールが役に立ちます。

GポイントのManeyMap


結構強力です。2重のパスワードで厳重管理。認証はPC上で行なうので、データが外に漏れません。ログインも半自動化でクリックひとつで残高確認。登録も銀行・郵便局・証券口座・クレジット会社等々。<当然通信はSSL、通常のログインと一緒です。>

口座管理でも強力なのに、さらにポイント管理までしてくれちゃう優れもの、是非使ってみてください。きっとオークションの口座管理に威力を発揮します。

GポイントのManeyMap

ヤフオクやAmazonで本を売ってると必ず在庫が膨らみます。私は、あくまでも本業では本を売っていないので、在庫の数は、多くはないと思いますが、それでも現在、おおよそ100冊くらいはあるでしょうね。

100冊といっても、その9割が文庫なので、まだいいほうだと思います。

よくせどりを本業でやっている人のサイトやBlogを見ると、500冊(ほとんどがハードカバー)超えは普通みたいですね。これぐらいあると毎日必ず数冊は売れていくとのこと。なかには専用の貸しスペースで本棚入れて在庫管理する人や自宅に馬鹿でかい本棚を購入して管理する人もいるみたいです。

私は、とても真似は出来ませんので、効率重視で日々仕入れや在庫管理を行なっています。ポリシーは以下のとおりです。

・ハードカバー(大物)を購入するときは、売れそうなものを限 定して仕入れるか、一度自分で読み減価償却する。(Amazon用)
・文庫の仕入れは、シリーズものを重視する。また、作家を重視する。(ヤフオクでは、シリーズのもが単発よりは売れ易い、作家のカテゴリ分けしてある分野に出品し、入札しやすい環境を構築する)
・一度出品して、入札や購入されないものは、有無を言わさず、再出品(値段をいじるのもいいかも)
・Amazonで売れなければ、ヤフオクで売る。その逆もしかり、それでも売れなければ、楽天ビッダーズ
で出品する。
・それでも売れなければ、あきらめる。でも・・・


そこで最終手段、せどらーの強い味方、livedoor リサイクルに無料査定で引き取ってもらう。

livedoor リサイクル

あとは、BOOKOFFで仕入れたものは、BOOKOFFに帰ってもらいましょう。

eBOOKOFF

もっとAmazonマケプレの記事を読む
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ★Netでメークマネー★あれやこれや実践体験<アマゾンマーケットプレイス虎の穴> all rights reserved.
こちらもね!

ネットバンク
アマゾンの必需品

会費永年無料
出光カードまいどプラス

旅行傷害保険付
ライフカード

カードいろいろ
NICOS

アフィリで稼ぐ必需品

ジュース1本で
ロリポップ!
更にジュース1本で
さくらインターネット
ネットショップをblog感覚で
Color Me Shop! pro
第三の激安レンタルサーバ
ハッスルサーバー
セキュアとパフォーマンスなら
シーサイドネット
レンタル並の価格で専用サーバ
マイティサーバー
でた!レンタルHP
プチ

ASPガイド
ケイタイASPガイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
お小遣い
オークション



楽天フリマ

ビッダーズ

ブロとも申請フォーム
blogランキング
ブログ内検索

RSSフィード
リンク