FC2ブログ
アマゾンマーケットプレイスで感じたこと、思ったこと、実践していることを隠さず暴露!ポイントプログラム・ウェブアンケートなどなど!!
すでにブログは、社会にも認められて、市民権を得た格好になっていますが、これからは、自分のドメインを取って、MovableType(ムーバブルタイプ)でブログ開設が、流行っていますね。(個人利用で3つまでブログがタダで作れます)

はい私も、自分のドメインを使って、レンタルサーバー上でMTをインストールしてみました。簡単です。

http://server.yappo.biz/
まだ全く、作っていません。テンプレートを反映したのみです。

面倒なのは、テンプレートを加工するところでしょうか?でもFC2でカスタマイズできる人は、簡単に、導入から、加工までできちゃいますね。

1ブログ1テーマが良いらいしいです。ということは、このブログは、ちょっと欲張りすぎるとのこと。今後はテーマを絞る必要がありそうです。

ちらみに、最近知ったのですが、さくらインターネットは、ライトプランでもMT導入できたのです。

知る限り、ドメインはここが安いです。ムームーよりもねリンククラブ

ドメインは、毎年払うものですから、なるべく安くとって、ドメイン持込無料のレンタルサーバーを契約すると良いでしょう。
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:Amazonマーケットプレイス - ジャンル:ビジネス

たまに行きつけのブックオフで、単行本の500円セールをやっていますね。そうすると、セドラーが結構大挙して、押し寄せ、いろいんな本をかっさらって行きます。まぁこの日行くと、安く買えるのは事実です。

それは、それでよいのですが、実は、単行本が500円の新古書店があります。○活書房です。←あえて伏字。復○書房とも言います。(笑)

じつは、復活書房も結構いい本が有って、比較的競争率低いんです。ブックオフほどの在庫はありませんが、常時単行本は500円ですから、105円本でお宝がないないと思っている人は、こちらへどうぞ!そのかわり文庫は、105円は少ないかもしれません。

ブックオフのHPに線引き本は、交換すると書いてありますが、本当なのでしょうか?結構チェック厳しくせどりしてきても、再度見直すと、書き込みあるケースってあるんですよね。
⇒ 続きを読む

テーマ:Amazonマーケットプレイス - ジャンル:ビジネス

今回のごった煮編は、結構濃いです。

というよりも、ブックオフのごった煮コーナー(私が勝手にそう読んでいます)は、宝の山です。

105円のコーナーにいろいろな文庫がおかれているところがありますね。そこは一見、腐っている本しか置いていないと思えそうではありますが、そんなことないんです。

高値で売れる本が、有ったりするんですね。結構多く、これが・・・
(どんな本が高値で売れるかは、自分で見つける、コレ基本)

一般のお客さんも見逃すごった煮コーナー是非お見逃しなく。
個人的に好きな本がいろいろあるんです。

ところで、とうとう
⇒ 続きを読む

テーマ:Amazonマーケットプレイス - ジャンル:ビジネス

携帯サイトは、あまりアクセス数に関係なく、クリック率は高いですね。当然アクセス数が上がればそれに伴い、成約率は上がります。

恐らく一番良いアクセスUP手段は、検索サイトへの登録だと思います。

ランキングサイトもアクセスUPには貢献しますが、クリック率向上にはならないような・・・(いろいろクセもあるようですし・・・)

というわけで、ひたすら検索エンジンに登録してまずは、アクセス数をUPすることが成約率UPにつながると思っています。

はっきり言って、携帯向けの検索サイトは無数にあります。主要サイトもそうですが、中小もひたすら登録することで、思わぬアクセスUPにつながることもあります。

⇒ 続きを読む

テーマ:ネットで副収入ゲット - ジャンル:ビジネス

先日のブログにも書きましたが、アマゾンがアンケートを実施した中で、今後のサービスに関する質問がありました。

これは、どういったサービスが導入されると良いですか?という質問だったと思いますが、その中に「出品者の商品が表示できるサービス」といった類の選択肢がありました。

向こうのAmazon.comではこのサービスすでに動いていますから、日本でも導入されるのは、時間の問題かと思います。

そこで今後は、複数購入時のサービス的なものの競争も開始されるだろうと読む訳ですが、今でも説明やアカウントにその旨書いている方も見かけます。

それをどうのいうつもりもないのですが、はっきり言ってショボイですね。客から340*2貰っておいて100円返金しますとは・・・
⇒ 続きを読む

テーマ:Amazonマーケットプレイス - ジャンル:ビジネス

ケイタイサイトを始めて日は浅いですが、ぼちぼち成果も出始めています。手始めに懸賞系サイトを作りました。懸賞なので数百円/件の成果ですが、クリック率・成約率は、PCサイトの比ではありません。VeryGoodです。

ただケイタイサイトの場合は、メジャー検索エンジンに登録されないと結構きついのですが、それでも大小さまざまな検索サイトに登録しまくっています。その甲斐もありアクセス数もそれなりです。(あまり公表すべき数字ではありませんが・・・)

ニュースによると、ケイタイサイトの物販の市場規模も今年には、600億?という巨大な数字になりつつあるとのことで、いろいろなASPも参入したりしています。

そこで私もすかさず、物販にチャレンジ中。PCでもやっていますが、ダイエット系のアフィリに挑戦しつつ、懸賞・オークションから趣味系に至るまで、鋭意サイト構築しております。
⇒ 続きを読む

テーマ:アフィリエイト - ジャンル:ビジネス

だいたい、このブログに書く内容は、直近にわが身に降りかかった問題やら話題やら出来事です。

私の評価は、比較的良いですし、まぁそれなりに数もあるので、多少の悪評にもビクともしないです?

しかし、この評価制度には、いささか難があると思っているし、あまりにも評価される側とする側の温度差が違うこと、立場が違うことがどうも納得いかないですね。

例えば、
・商品のガイドラインに沿った出品だとしても、購入者独自のガイドラインで評価をすることが多い。
・評価のガイドラインがあるのかどうか?
・評価しない人とする人がいる事実


私自身、アマゾンマーケットプレイスでは、購入経験はありませんが、購入者とのコミュニケーションが全くないマケプレでの一方的な評価はナンセンスだと感じています。
⇒ 続きを読む

テーマ:Amazonマーケットプレイス - ジャンル:ビジネス

ブックオフは、時たまセールをします。普段定価の半額で売っている本が、2冊で1050円とか、1冊500円とかその類です。

このセールをいろいろな店で追っていくと、それなりに稼げるのではないかと思っています。都内だけでも相当数の店舗があるわけで、そのセール情報を抑えることで、高額本を格安でゲットできるはずです。

単純計算で、3000円で売れる本を毎週10冊、@500/冊でゲットできれば、なかなか良い売上げになりそうですね。

特に定価が高く売れ筋な本は、当然狙い目です。

実は、高額本コーナーってせどらーが普段から行かないコーナーと思っているので、私は普段からチェックしています。狙った本は、すかさず買いを入れています。
⇒ 続きを読む

テーマ:せどり - ジャンル:ビジネス

昨日のブログでシリーズ本の話題が出たので、シリーズ本の話をひとつ。私はシリーズ本の収集に余念がないのですが、あのブックオフの本の山からお目当ての本を短時間に探索するのはシリーズ本のみならず、大変ですね。

これは特に単行本に、特化した探索法なのですが、結構短時間で探すことができます。といってもたいした方法ではないのですが・・・

アマゾンマーケットプレイスに限らず、本というのはシリーズ化されたものが結構売れたりします。いい例がaltブックスとかですね。

本には、題名があってそのサブタイトルに○×シリーズとか書かれています。その○×シリーズや出版社名を頼りに探索します。

altブックスの場合、高額のものとそうでないものの差が激しく、まずaltブックスを探して、題名で判断するというものできちゃいます。

もちろん△◇出版社の本が高額なら、背表紙から出版社をあたれば良い訳です。この方法、ジャンル分けがしてそうでしていない単行本には、結構な威力を発揮します。
⇒ 続きを読む

テーマ:Amazonマーケットプレイス - ジャンル:ビジネス

私の通う某山手線駅下車数分のブックオフに最近私の得意とする某文庫シリーズが大量入荷しました。

即買いです、105円を20冊くらい買っちゃいました。こんなに一遍に買ったの生まれて初めてです。この本、アマゾンマーケットプレイスでは、あまり売れそうにありませんので、ヤフオク用に回します。

それはそうと、ブックオフでは、あるシリーズが突然大量に入荷するケースって良くあると思うのですが、シリーズモノながら1巻欠けとかあるんですよ。それでもってしばらくすると、その1巻が店頭(105円棚)に並ぶ訳です。

これは、結構仕掛けがあったりして、と思うのですが、頻繁に足しげく通っていると、お目当ての1巻が人様に行かず自分でゲットできると、ほっとしますね。

2冊シリーズなら、アマゾンマーケットプレイスでも出品しますが、あまり多すぎると全てヤフオクに回します。
⇒ 続きを読む

テーマ:Amazonマーケットプレイス - ジャンル:ビジネス

唯一の出品が私一人で、絶版でなお且つ、高値で売れると判っているとき、こういうときは、放置状態でよいのかもしれませんが、金魚の糞ではなくて、人の価格を1円安く設定し続ける輩が、たまにいます。

そういう奴は、とことん相手にして、安い値段で買ってもらって退場させるのが得策です。

私は、ある文庫が2980円前後で売れていることが、わかっていますので、+1000円で売れたらもうけものとして、放置状態でした。しかし、そこへ必ず人の値段の下をつけるアホが乱入してきました。

そこでしばらく価格競争を始めます。必ず人がつけた-1円を付けてきます。

そうすると、何もしらない第三者が、2000円で出品してきました。そうするとそいつは、1999円を付けます。競争していた価格の半額相当で過去の実績からすると-1000円損したことになります。

⇒ 続きを読む

テーマ:Amazonマーケットプレイス - ジャンル:ビジネス

週末3日間旅行へ出かけたため、ブログもアマゾンマーケットプレイスもお休みしていました。アマゾンは、便利なことに出品の一時休止をすることができます。

出品用アカウント出品を一時休止する、再開するをクリックするとできます。確認メールが送られてきますので、今のステータスが判ります。

ということで、アマゾンは休止ができますが、オークションはできません。土日と何件か落札がありましたので、結構ばたばたしています。

ヤフオクは、ほとんどを土日で終了にあわせていますので、土日月と滅茶苦茶忙しいです。私の場合、10件/日が発送の限度です。所詮副業ですので、梱包やら発送やらてんてこ舞いで、それ以上やると誤発送などしかねません。

今は、10件もないのですが、極まれにヤフオクが非常に落札が多いときなど、あわや誤発送というケースもありました。
⇒ 続きを読む

テーマ:Amazonマーケットプレイス - ジャンル:ビジネス

Amazon.co.jpから本日アンケートメールが皆さんのところにも来ましたでしょうか?これに答えると500円のギフト券がもらえます。正味10分程度で終わりますね。

アンケートの内容から察すると、今後システムの変更が行われ、付加機能が付くという感じでしょうか?その付加機能をどれにすべきか?このアンケートを参考とするとか、他のオークションの利用状況とかネットの収入なんかも聞かれましたね。

いずれにしても、出品者の意見を少しでも取り入れて貰いたいとともに、少しでもシステムの使い勝手を向上していただきたいものです。

それはそうと、アンケートにしっかりと主張しておきました。アマゾンマーケットプレイスの携帯対応の件・・・
これは絶対すべきです。携帯サイト対応にするだけで、全ての人がWIN-WINの関係を築くことができます。
⇒ 続きを読む
アマゾンマーケットプレイスにおいて、コレクター商品に出品している人って少ないと思います。厳密に言えば、コレクター商品は、サイン本や絶版本という規定があり、定価以上を付けるのが望ましいと言われています。

しかし実際は、ユーズドが過当競争に陥っているため、コレクター商品に出している人結構いますね。これが違反になるかどうかは、さておき、このコレクター商品の存在価値を見極めたいと思います。

私は、ほとんどコレクター商品欄に出品はしませんが、ある条件のもとでは、これを積極的に活用しています。

1.絶版本であり、且つ定価の何倍でも売れる本
2.シリーズもの

この条件を満たした場合、説明文にその旨明記し、1冊で送料すみますよ・・・とか、書くと行けますね。例えば、
⇒ 続きを読む
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ★Netでメークマネー★あれやこれや実践体験<アマゾンマーケットプレイス虎の穴> all rights reserved.
こちらもね!

ネットバンク
アマゾンの必需品

会費永年無料
出光カードまいどプラス

旅行傷害保険付
ライフカード

カードいろいろ
NICOS

アフィリで稼ぐ必需品

ジュース1本で
ロリポップ!
更にジュース1本で
さくらインターネット
ネットショップをblog感覚で
Color Me Shop! pro
第三の激安レンタルサーバ
ハッスルサーバー
セキュアとパフォーマンスなら
シーサイドネット
レンタル並の価格で専用サーバ
マイティサーバー
でた!レンタルHP
プチ

ASPガイド
ケイタイASPガイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
お小遣い
オークション



楽天フリマ

ビッダーズ

ブロとも申請フォーム
blogランキング
ブログ内検索

RSSフィード
リンク